電力自由化とは

新米主婦
最近よく聞くけど「電力自由化」って何?

電力自由化で電気代が安くなるらしい、程度の知識の方が多いのではないでしょうか。

一般的に言う「電力自由化」とは、2016年4月の法改正により家庭などに向けた電力小売りが全面自由化したことを指します。
これにより、従来の地域の電力会社(東京電力など)以外にも、様々な会社が電力を販売出来るようになりました。

この記事では、「電力自由化って何なのか全くわからない」「なんとなく知っているけど詳しくは知らない」という方のために電力自由化とは何か説明していきます。

そもそも「電力自由化」とは?

節約主婦
電力自由化は実はもっと前から始まっていたんだよ

みなさんがよく耳にする電力自由化とは「電力の小売全面自由化」のことを指します。

電力の小売自由化の歴史

電力の小売自由化は2000年3月にスタートしました。
はじめは「特別高圧」の大規模工場やデパート、オフィスビルなどが好きな電力会社から電気を購入することが出来るようになりました。

その後、2004年4月・2005年4月に「高圧」の中小規模工場や中小ビルにも自由化が拡大しました。

そして、2016年4月からは「低圧」の一般家庭や商店なども電力会社を自由に選べるようになりました。

出典:資源エネルギー庁ウェブサイト

電力自由化のメリット

電力自由化により、様々な企業が電気の小売事業へ参入します。
各社様々なプラン・サービスなどを打ち出すことにより競争が活性化し、電気料金が下がることが期待出来ます。

地元の企業から電気を購入したり、再生可能エネルギーを中心に発電している会社から電気を購入することも出来ます。

新米主婦
わたしは自然に優しい電気がいいなぁ~

新電力とは

電力自由化により、電気の小売市場に参入してきた事業者のことを「新電力」といいます。

新電力には

  • PPS(企業向けに電気を販売していた会社)←Looopでんきはココ
  • ガス会社や石油元売りなどのエネルギー関係の会社
  • 通信会社

などがあります。

もともと自分たちで発電していた電力を売る企業と、他社から購入した電力を私たちに売る企業がにわかれます。
このサイトでおすすめしているLooopでんきは、もともと電気を作っていた会社になります。

 

電力供給のしくみ

電力は、 発電所 → 送電線 → 変電所 → 配電線 という経路をたどって、各家庭まで供給されています。


出典:資源エネルギー庁ウェブサイト

電力供給システムは大まかに

  • 発電部門
  • 送配電部門
  • 小売部門

に分類されます。

発電部門は、水力・火力・原子力・太陽光など発電所を運営し、電力をつくる部門です。

配送電部門は、発電所で作られた電力を送配電銭を通じて家庭まで届ける部門です。
電力自由化後も、配送電部門は地域の電力会社(東京電力など)が担当するため、どこの電力会社から電気を購入しても、従来と同じネットワークをつかって電気が届けられるので電気の質は変わりませんし、停電の心配もありません。

小売部門は、私たちと直接契約し、必要な電力を発電部門から調達してくれます。
今回の小売の全面自由化により様々な企業が参入しています。

まとめ

  • 「電力自由化」により、地域の電力会社(東京電力など)以外にも様々な企業が電気を売れるようになった。
  • 電力会社を変更しても、電気の質はかわらないし停電することもない。
節約主婦
すこしは「電力自由化」について理解してもらえたかな?
新米主婦
なんとなくわかった気がする!

-電力自由化の基礎

Copyright© Looopでんきの評判・口コミ|ループ電気を実際に1年使って感じたメリット・デメリット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.