Looopでんきの「おうちプラン」と「ビジネスプラン」の違い

新米主婦
「おうちプラン」と「ビジネスプラン」っているのがあるみたいだけど、どっちを選んだらいいの?
節約主婦
基本的には一般家庭なら「おうちプラン」になるよ

この記事ではLooopでんきの「おうちプラン」と「ビジネスプラン」の違い、どちらを契約すべきかを紹介します。

Looopでんきの「おうちプラン」とは

名前の通り多くの家庭はこちらのプランになります。

現在の契約が10A~60Aの家庭が対象となります。

契約プランだと下記のプランを契約の場合はおうちプランになります。

エリア 契約プラン
北海道電力 従量電灯B
東北電力 従量電灯B
東京電力 従量電灯B
中部電力 従量電灯B
北陸電力 従量電灯B
関西電力 従量電灯A
中国電力 従量電灯A
四国電力 従量電灯A
九州電力 従量電灯B

おうちプランの料金

料金はエリアごとに異なります。

エリア 従量料金
北海道電力 29円(税込)/ kWh
東北電力 26円(税込)/ kWh
東京電力 26円(税込)/ kWh
中部電力 26円(税込)/ kWh
北陸電力 21円(税込)/ kWh
関西電力 25円(税込)/ kWh
中国電力 24円(税込)/ kWh
四国電力 24円(税込)/ kWh
九州電力 23円(税込)/ kWh

Looopでんきの「ビジネスプラン」とは

ビジネスプランは、事務所・商店や電気をたくさん使う方むけのプランとなっています。

現在の契約がkVAの方が対象です。

現在、下記のプランを契約している場合は「ビジネスプラン」となります。

エリア 契約プラン
北海道電力 従量電灯C
東北電力 従量電灯C
東京電力 従量電灯C
中部電力 従量電灯C
北陸電力 従量電灯C
関西電力 従量電灯B
中国電力 従量電灯B
四国電力 従量電灯B
九州電力 従量電灯C

ビジネスプランの料金

料金はエリアごとに異なります。

エリア 従量料金
北海道電力 31円(税込)/ kWh
東北電力 27円(税込)/ kWh
東京電力 27円(税込)/ kWh
中部電力 27円(税込)/ kWh
北陸電力 22円(税込)/ kWh
関西電力 26円(税込)/ kWh
中国電力 25円(税込)/ kWh
四国電力 25円(税込)/ kWh
九州電力 24円(税込)/ kWh

Looopでんきのプランまとめ

一般的な家庭なら「おうちプラン」。

電気をたくさん使う家庭や商店などは「ビジネスプラン」。

ほとんどの家庭はおうちプランになります。

新米主婦
うちは今40Aで契約しているから「おうちプラン」でいいってことだね♪

 

Looopでんきを検討中の方には、Looopでんきを1年間利用した感想をまとめた、こちらの記事もおすすめです。

関連記事Looopでんきを1年間使って感じたメリット・デメリット・料金

-Looopでんきについて, FAQ

Copyright© Looopでんきの評判・口コミ|ループ電気を実際に1年使って感じたメリット・デメリット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.